第8回「6ヶ月間・しっかり習得コース」~最適な組合せのコンセプト案を決定する~

最適な組合せのコンセプト案を決定する 第8回

いよいよ終盤です。

    

<第8回の主な内容>

PRAT5 

  • 最適な組合せのコンセプト案を決定する      

Neo P7手法 

  • コンジョイント分析
  • クラスター分析

講義

  • コンジョイント分析①
    直交表

実習

  • 異なるカテゴリー(属性)とレベル(水準)の組み合わせを考える
  • 楽に組み合わせを作るためのツール=直交表を理解する

チームディスカッション

  • 仮説案の絞り込み
  • 属性・水準の検討

課題

  • コンジョイント分析のための調査票作成に必要な商品画像づくり

     

次より、講師の神田名誉教授の解説と講座風景をご紹介します。

    

最適なコンセプトって何でしょうか?

もちろん、売れる商品
=顧客が「欲しい!」「買いたい!」という商品を表現した言語ですよね。

     

では、複数案あるとき、どうやってコンセプトを決めていますか?

A. 企画会議で議論または評価して

会社の都合やスタッフの考えで決められ、顧客の意向が入らない

B.事業部または会社のトップの意向(決済)で

トップの考え、好みで判断され、顧客の意向が入らない

C.顧客の意見をインタビューなどで聞いて

定性的に決まり、正しく最適な案が残るとは言えない

    

例えば、「水筒」の例で

色、大きさ、形、デザインは、こんなものを考えている。

   

   

どの組み合わせが一番「買いたい!」と消費者は思ってくれるでしょう?

例えば、「色」と「大きさ・形」の組み合わせは?

色(5色)の案と、大きさ・形(4種類)の案の組み合わせは、20通り。

    

    

この20通りの「水筒」案を、消費者に買いたいかどうか評価してもらうの?
消費者は20回も回答しなきゃいけないの?
無理、、、、、、

「色」(5色)  「大きさ・形」(4種類)  「デザイン」(4案)
この組み合わせとなると、、、その数は、5×4×4=80通り。
80回は絶対にアンケートできない。。。。

    

実際には、7属性、各2水準の候補があり!

この場合の全部の組み合わせは、何と・・・・・・・

2×2×2×2×2×2×2=128通り

   

    

直交表を用いると効率的に組み合わせを決めれる

こんなとき、直交表を用いると、128通りが⇒8通りで済む!

    

    

これなら、消費者が回答できます! アンケートを実施できますね。

    

チームで協力して商品企画

というわけで、各チームはどのように進展したでしょう。

テーマ1「単身者向け冷凍食品」
テーマ2「男性がもらってうれしいカップ」

本日のチームディスカッションは、仮説案の絞り込み、絞り込んだ仮説案について、
属性と水準を検討し、直交表を用いて、属性数と水準数を決めるところまで進めました。

お疲れ様でした!

次回までの宿題は、コンジョイント分析を行うためのアンケート票作成の準備、画像作成です。

   

神田講師と前田アシスタント講師が、「冷凍食品チーム」と「カップチーム」にそれぞれ入り、チームのディスカッションをファシリテート(促進)し、リーダーを中心にメンバーと討議・検討を進めています。会場参加者とWEB参加者とがオンライン上でチームディスカッションを行った実習中の風景。

      

2021年1月20日START!全5回コース

       

The following two tabs change content below.
アバター

堀内香枝

一般社団法人 日本マーケティング・リテラシー協会 理事
女性の感性を活かした調査設計や市場動向の分析により、お客さまの深層心理「感性」の解明を得意とします。コンサルティングファームで食品メーカー、外食産業、エステティック産業、通販企業、冠婚葬祭業、工作機械メーカーなど幅広い業種のマーケティング・コンサルティング業務を経験しました。これまで培った経験を元に、一般社団法人 日本マーケティング・リテラシー協会(JMLA)設立に参画し、感性マーケティング『マーケティング解析士』講座カリキュラム策定に携わりました。現在は、『マーケティング解析士』講座の講師活動、企業様のマーケティング課題解決支援、WAKU LABOプロジェクトの推進を行っています。

03-6280-4312平日10:00~18:00